2007年10月08日

伊豆・ホテル四季の蔵

shikinokura00.jpg
バガテル公園の記事を書いてからまたさらに時間が経ってしまったけど、9月8日はバガテル公園の近くにある(バガテル公園の記事)、ペットと泊まれる宿「ホテル四季の蔵」に泊まりました。

「四季の蔵」はけっこう有名なので、知ってる人も多いと思うけど、うちも前から知っていて「伊豆に行くことがあれば泊まってみたいな」と思っていたところでした。サイトの作りもキレイだし、サイトの写真で見る限り、お部屋もきれいで、天蓋付きベッドなんかもあってかわいい!なにより落ち着いたオシャレな雰囲気なホテルながら、ドッグランもいっぱいあってワンコへの配慮もバッチリな感じ。

我が家は急に思い立って旅行に行くタイプなので、四季の蔵も、宿泊の前々日くらいに急遽予約を取りました。なので、デラックスツインのお部屋しか空いていなくて、天蓋付きのお部屋には泊まれなかったのだけど、それはそれで部屋も広いし、まぁいっか。という感じ。

ホテル自体はけっこう分かりにくいところにあります。河津川沿いの道からバガテル公園に向かう道の途中に犬のシルエットをかたどったような白い看板があって(注:そこには「四季の蔵」とか全然書いてない)、その看板のところを曲がるんだけど、曲がると言っても、その道自体がものすごい急で狭い坂道。こんなとこにほんとにあるの?的な雰囲気を醸し出している。坂を登り切っても、広く開けた駐車場があるという感じでもないし、けっこう狭い。

ホテルの建物も、斜面をうまく利用して建てました、みたいな形になっているので、駐車場からホテルの3Fにそのままつながってるけど(車いすでも部屋までバリアフリーで行けそう)、フロントやラウンジは1Fにあるので、駐車場からはガーデンチックな階段や中庭を通って入ります。(老犬で自分で歩くのはけっこう大変、というワンちゃんだとしんどいかも)

チェックインを済ませると、ボーイさん(?)が荷物を部屋まで運んでくれるんだけど、その間に私たちは中庭につながるラウンジに案内され、ウェルカムドリンクを出していただきました。ホテルのコンセプトが「バリ」なようで、ラウンジもバリ風です。もちろん、ワンコOKで、スタッフの人達もみんなワンコに優しい。

そうしてお茶を飲んだら、お部屋に通されます。我が家は旦那さまがタバコを吸う人なので4Fのお部屋に通されました。ダブルベッド(クイーンかも?)が2台あって、けっこう広いお部屋でした。

shikinokura01.jpg

お風呂はジェットバス、トイレはウォシュレットで洗面所もかわいいです。

shikinokura02.jpg shikinokura03.jpg shikinokura04.jpg

テレビ台の下には犬用のトイレも設置されていて、一通りの道具が揃ってます。ペットシートはワイド版が1枚あるだけ。足りなければ持って来てくれるとのことだったけど、我が家の場合、1枚で足りるわけがない。だって、1滴でもオシッコが付いてるシートでは、うちの犬達はそのシートにはもう二度とオシッコをしないという、キレイ好き(?)だから。

shikinokura05.jpg

ま、ホテルやペンションにペットシートが常備されているか否かに関わらず、我が家では旅行の時はペットシートを大量に持ち歩くので、結局フロントに電話することはなかったけど。

夕食まで時間があったので、3つか4つあるドッグランのうち、屋上のドッグランに行ってみました。そんなに広いわけじゃないし、芝生のドッグランではないからきれいかっていうと微妙だけど、小型犬が走り回るには十分。海も見えました。

shikinokura06.jpg shikinokura07.jpg

森のドッグランとか、ウッドデッキのドッグランなど他にもあるんだけど、それは翌日でもいっか、ということで、屋上のドッグランで遊んだだけで、あとは夕食まで部屋でマッタリ。

夕食は、ホテル内のリストランテ「オッキドーロ」で。ワンコと泊まれるホテル内のレストランだしな、と全然期待してなかったんだけど、意外や意外、なかなか良かったので、これは別途記事を書くことにします。
(というわけで書きました。リストランテ・オッキドーロの記事

食後は、ラウンジでRANDYとTAFFYにご飯をあげました。四季の蔵ではちゃんとワンコメニューもあるので、フロントとかでお願いすると作ってくれます。一応フードは旅行バッグに持ってきてはいたけど、せっかくなので、注文してみました。美味しそうでした。ビーフのそぼろっぽい感じのものに、ボーンをかたどったマッシュポテト、という感じのものでした。チキン系メニューとか他にも何種類かありました。

shikinokura08.jpg

ご飯を食べた後は、ドッグスパへ!
ここのホテル、ほんと犬が癒されるホテルって感じで、人間用のスパや温泉はないんだけど、犬用には、天然温泉や泥エステなんかが揃ってます(笑)

泥エステは東京ミッドタウンでも受けられそうなので、とりあえず天然温泉(スパ)へ。飼い主も入ってもいいらしいですが、基本的には短パンとかで一緒に水遊びする程度ということだったので、短パンを持っていきました。
が、私は背が低く足も短いので、短パンなんかじゃビショ濡れな感じ。

スパには犬用のライフジャケットが各サイズ置いてあるので、ほとんど泳いだ経験のないRANDYとTAFFYには一応着せてみました。けっこう温泉に入るのを嫌がっていたけど、旦那さまが犬達を無理矢理(?)入れるものだから、温泉のはじっこの方に待機している私をめがけて、犬達は必死の形相で泳いでくる、みたいな感じで、彼らとしては決して楽しそうじゃなかったけど、私たち夫婦はかなり面白かった!(笑)

shikinokura09.jpg shikinokura10.jpg shikinokura11.jpg shikinokura12.jpg

スパには脱衣所みたいなところがなく、中庭からすぐドア1枚でお風呂場という感じで、そのお風呂場の一角がドライヤーコーナーになってるという作りなため、床はビジョビジョ、ジメジメでなんとなくつま先立ちしたくなる感じでした。ま、犬達を乾かさないといけないので、ドライヤーコーナーは使わせてもらったけど、あんまりきれいな感じじゃないかも。。タオルとかは洗濯されたキレイなものがたくさん置いてあったけどね。

犬達はドライヤーで乾かし、泳いぎついた犬達にしがみつかれた私は、Tシャツもビショビショなまま部屋に戻り、すぐお部屋のバスへ。

ペンションとかだと、夜の団らん時にラウンジでみんな集まって、犬座談会とかになりがちだけど、四季の蔵はホテルなので、そういうのが苦手な人でも安心な感じ。もちろん、飼い主同士で交流を深めたい人はラウンジでそうすることもできそうだけど、距離を置く事もできそうな感じです。

翌日は、またオッキドーロで朝食で、チェックアウトまで少し時間があったので、森のドッグランに行ってみたけれど、前々日まで台風だったし、前日にまたちょっと雨が降ったりしてかなり荒れた感があり、用務員さんみたいなおじさんが丁寧に片付けたり整備したりしていたけど、そもそも地面が濡れていたので、遊ばせた後の手入れを考えると面倒で、犬達を地面におろさず、そこでは遊ばせませんでした。しかし、この森のドッグランもさらに坂を登ったところにあるので、飼い主もけっこう体力が必要です。。

そして、ほんとにホテル自体も森の中にある感じなので(リスがいたり)、けっこう蚊が出ます。

正直、サイトや本で見てたより印象は「???」って感じだったけど、スタッフの方のホスピタリティはすばらしかったし、レストランでのお食事が美味しかったので、ここはここでいいかな、という感じでした。

shikinokura13.jpg



++hotel info++
hotel: ホテル 四季の蔵
address: 静岡県賀茂郡河津町峰1169
phone: 0558-32-1272
URL: http://www.shikinokura.com/
posted by チビラーシカ at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ++hotel** | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。