2007年04月15日

狂犬病予防ワクチンの副作用

sideeffect00.jpg
気付けばすっかり春ですが、春といえば犬を飼ってるお家にとっては、愛犬に狂犬病予防ワクチンを接種する時期でもあります。
この狂犬病予防ワクチンを我が家のRANDYとTAFFYに注射したところ、TAFFYに恐ろしい副作用が出たので、詳しく書いてみようかな。

TAFFYは去年4月に産まれたので、去年は7月か8月かそのくらいに狂犬病予防ワクチンを打った。注射を怖がることもなく、大騒ぎするでもなく、副作用もなく、注射を打ったことなんて忘れちゃうくらい、全然平気だった。

なので、今年も何の心配もせずに、かかりつけの動物病院で接種。RANDYもTAFFYもおとなしく、いい子に注射されて、別に痛がりもしなかった。先生に「2-3日はおとなしめに過ごしてくださいねー」とか言われてるそばから、2匹でじゃれ合って、そのままの調子で大騒ぎしながら帰って来た。まぁ、注射したあと1-2時間は様子をみることにしているんだけど、特になんともなさそうだったので、私は美容院へ出かけた。

帰ってきてみても、相変わらず2匹で楽しそうに遊んでるし、私もすっかり注射を受けたことなんて忘れていたのだけど、夕飯をあげて、私と旦那さまも食事を取って、23時過ぎにリビングのソファに座ってテレビをみていたところ、床に寝そべっていたTAFFYが突然甘えるように、ソファにやってきた。はいはい、甘えたいのね、と何の気なしに、TAFFYを触ろうと思って顔をみたら、右目下の毛がモサッとなっていた。

ん?毛が盛り上がってるだけ?寝癖?と思ったんだけど、触ってみたら腫れていた。

どっかに顔ぶつけたのかしら??とも思ったけれど、どうしたの?どうしたの?と顔をみてる間にも、顔中にそのボコボコがどんどん増えていった。なんというか、蜂にさされたような、イチゴの表面のブツブツみたいな、そういう大小さまざまなサイズの腫れ物が顔全体に。

sideeffect01.jpg

時間が時間だったので、翌朝まで様子を見ようかとも思ったんだけれど、尋常じゃない腫れ物のできるスピードに、恐ろしくなって動物病院に電話をかけたら、夜間救急の番号を案内していたので、そちらに電話をしてみた。

事情を話すと「「あー、間違いなく狂犬病ワクチンの副作用でしょうね。そのコ、そのコで症状が違うのよ。全く出ないコもいれば、顔がボコボコになるコもいれば、それが体中に広がるコもいるし、嘔吐や下痢するコ、元気がなくなって隠れちゃうコ、意味不明に走り回るコ、副作用で死んでしまうコもいるから・・」とのこと。

いつも、TAFFYのいたずらに困らされていて「死ねー!」と思ったりもするけど、いざ「死んでしまうコも・・」とか言われると、スーパー不安になった。

で、その夜間救急の先生が「ボコボコは顔だけですか?顔だけなら症状はそれほどひどくないと思われるけど、一つ気をつけないといけないのが、そのボコボコが体の中で起きてる場合。その場合は死に至るケースが多いの。喉の奥の方にできてたりしない?心配ならお宅まで行きますよ」と言ってくれた。

なので、既に24時になろうとしていたけど、来てもらうことにした。マンションの前まで着いたら電話するとのことだったので、電話を待つこと30分。連絡が来たのでマンションの下に連れて行くと、そこには「動物救急」と書かれた白いバンが止まっていて、さながら救急車のようだった。中は簡易診療所になっていて、診察台や点滴やいろんな器具が揃っていた。

とりあえず、そこでみてもらって、致命的というわけではなさそうだったので、アレルギー症状を押さえるステロイド剤と、二次感染を防ぐための抗生物質をミックスした薬を注射することに。即効性があるものじゃないので3時間くらいは様子をみて、と言われ家に戻った。

家に戻ってくる頃が一番症状のピークだったらしく、もはや、ボコボコがいっぱいというより、ボコボコが全部集結して、鼻口が2-3倍のでかさになっている!!うー、かわいそうだ・・・TAFFYらしくもなく、ちょっとぐったりしているし。。 犬は子供みたいだけれど、子供というより赤ちゃんだ。痛くても痛いって言えないし、どこがどうなのか、どうして欲しいのか、喋って伝えることができない。だからこそ余計にかわいそうなんだけれど、してあげられることといえば、抱っこしていることと、患部をTAFFY自身がひっかかないようにすることくらいしかない。 そうして、AM3時頃まで様子を見たけど、TAFFYは寝てしまったので、私たちも寝た。

sideeffect02.jpg sideeffect03.jpg

※写真左は通常の顔の形。右が今回の副作用で腫れた状態。

結局、翌朝起きた時はTAFFYの顔の腫れはまだ完全には引いていなくて、完全に治ったのは夕方になってからだった。

大事には至らなかったものの、あんなにかわいそうなことになるならワクチンなんて!と思っちゃうくらい心配したし、実際、来年の狂犬病ワクチンの時期には一体どうしたらいいんだろう???

夜間救急にかかったことを聞きつけた動物病院から電話を頂いたんだけれど、獣医さんも「来年はちょっとどうにか考えないといけないですねぇ。。。」と言っていたものの、具体策はなさそうな雰囲気でもあり、ほんと来年が心配。

そして、飼い主として思ったのは、いつも注射の後、「安静に」とか「数時間は様子を見てあげて」とか言われてもそんなに真面目に気にしたことがなかったけれど、ほんと気をつけてあげなくちゃいけないな、ということ。

狂犬病ワクチンだけじゃなく、9種混合とかこれから受けさせないといけないし、ほんとにほんとに、気をつけてみてあげようと思った。
posted by チビラーシカ at 19:10| Comment(6) | TrackBack(0) | ++diary** | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして^^

私のブログで
こちらの記事を紹介させて頂きましたので
ご連絡させて頂きました。

紹介記事は
http://blog.livedoor.jp/g700man/archives/50130457.html
です。
Posted by ゴマミント at 2007年04月15日 19:32
ゴマミントさま
コメントありがとうございます。。。
美容タグでくくっていただいたようですが、この記事美容系じゃないんですが、いいんでしょうか???
Posted by チビラーシカ at 2007年04月15日 23:04
お久しぶりです。
ナチュラルドッグクラブの堂道です。
2月末にナチュラルを退職しまして今は神奈川のペットショップで働いています。

TAFFYに副作用が出てしまったのですね・・・たしかナチュラルのチーフが
「ダックスは副作用が出ることがあるから、5種ワクチンの方が安心」
みたいな事を言っていました。体質によると思いますが・・・
ダックスに詳しい獣医さんとか見つければもっと詳しく分かるかもですね〜
Posted by 堂道 at 2007年04月24日 13:21
>堂道さま
コメントありがとうございます!
おーっと、ナチュラルドッグクラブ退職されたのですね。TAFFYも今日で1歳なので(今、この瞬間まで忘れてましたが)、近いうちにナチュラルの方に顔見せにでも行こうかなって思ってました。。(残念!)

ダックスって副作用出ることがあるんですね。次の狂犬病ワクチンまでに、なんとか対策が見つかるといいなーと思ってます。
ぜひ、またブログに遊びに来てくださいね!
Posted by チビラーシカ at 2007年04月24日 19:28
実は私も、最近、上海に行く予定があって、飼ってる猫ちゃんに狂犬病の予防接種をしました。ネット上のサイトで副作用によって、様々な病気になると、わかりびっくりしました。死んでしまうコもいるとか。もう、狂犬病がない国では、廃止してたりするのに、日本はお金の為にしてるような事が書かれていて、びっくりしました。人間の予防接種でも、死んでいる人もいます。私自身は予防接種、副作用、でネット検索して色々わかって、もう今後は猫も含めんて、家族になるべく予防接種はしないつもりです。副作用の恐ろしさ、調べると本当に怖い。フィラリアの薬で実家の犬が失明しました。予防接種をする事は大きすぎるリスクがありますね。人間が作り出した恐ろしいものワースト1,薬,予防接種、2,洗剤や石鹸。我が家では健康家族を目指し、薬、洗剤を使用しないナチュラルライフを心がけております。その理由は副作用による病気をふせぐためです。世界中の誰もが幸せに暮らせますように。
Posted by 動物だいすき at 2012年07月17日 08:37
実は私も、最近、上海に行く予定があって、飼ってる猫ちゃんに狂犬病の予防接種をしました。ネット上のサイトで副作用によって、様々な病気になると、わかりびっくりしました。死んでしまうコもいるとか。もう、狂犬病がない国では、廃止してたりするのに、日本はお金の為にしてるような事が書かれていて、びっくりしました。人間の予防接種でも、死んでいる人もいます。私自身は予防接種、副作用、でネット検索して色々わかって、もう今後は猫も含めんて、家族になるべく予防接種はしないつもりです。副作用の恐ろしさ、調べると本当に怖い。フィラリアの薬で実家の犬が失明しました。予防接種をする事は大きすぎるリスクがありますね。人間が作り出した恐ろしいものワースト1,薬,予防接種、2,洗剤や石鹸。我が家では健康家族を目指し、薬、洗剤を使用しないナチュラルライフを心がけております。その理由は副作用による病気をふせぐためです。世界中の誰もが幸せに暮らせますように。
Posted by 動物だいすき at 2012年07月17日 08:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/38813784

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。