2009年07月12日

ISSO Club House

3711713865_1798f88e98.jpg

我が家では国内旅行では、基本的に犬と一緒に行けるところにしか行かないし泊まらない。けど、年に何度か行く海外旅行は、ハワイ2泊4日、というような弾丸旅行になることが多いので、犬たちを置いて行くことになる。数週間のバカンスなら、できれば犬たちも連れて行きたいところだけど、たった数日の旅行のために、犬たちにフライトのストレスを与えたくない。

そのためペットホテルに預けることになるんだけど、いつも預けていたSquirrel.dogberryがペットホテルを辞めてしまい、別のところに一度は預けたけど、あまり印象がよくなくて困っていたところ、ついに超理想的なお店に出会ったので、そのISSO Club Houseというペットホテルをご紹介。

お気に入りのSquirrel.dogberryが犬のお預かりサービスを辞めてしまって以来、いいショップに巡り会えず、近くて便利、一応日中はフリースタイルでお預かりしてくれる、という理由で一度は近所の別の犬の保育園に預けた。

でも、4泊した後お迎えに行ってみると、RANDYもTAFFYも、抱っこしてすぐ分かるぐらい痩せていたので、なんかちょっとそれが気にかかって、そこにはもう預けたくないな、と思ってしまった。

もちろん可愛がってくれてはいただろうし、毎日、保育園の様子がブログにアップされるので、どんな風に遊んでいるか多少は分かるというのはいいところだとも思う。体重減少はストレスが原因とも言い切れず、他のお友達がいっぱいいるから、興奮して遊びまくって、うっかりお昼寝するのを忘れちゃってずーっと動きまくってたから、というのも考えられる。

だから、体重減少=そのお店がダメ、とは思わないんだけど、一番心配だなと思ったのは、夜は完全に無人になってしまうこと。

うちのRANDYとTAFFYは普段家の中で完全フリースタイルで過ごしているし、夜は私たちのベッドに入り込んで人間の子どもと同じようにして寝ているから、人がいないところで寝るというのがストレスなんじゃないかと思ったりして。

もう一つ嫌だなと思っていたのは、送迎の方法。そこのお店、送迎もしてくれるんだけど、ペットシッターっぽさのかけらもないような、まるで宅配便の人のような、そんなお兄さんが、無表情で、まるで荷物をピックアップするかのように、犬達を淡々とケージに入れて連れていくのね。それがなんだかドナドナ♪のような切なさで、すごいイヤだなーと。

そうしてまた、1-2週間後に海外旅行を控えていたある日、同僚が「犬に対してとても愛情と情熱を持った人がやっているISSO Club Houseというお店がある」と教えてくれた。

その同僚は犬を飼っていないので、実際にいいのかは分からないものの、自分がもし犬を飼っていたら、こういう人に預けたい、というようなこと言う。話を聞いてみると、確かに飼い主の気持ちも犬の気持ちも分かった人がやっているようなので、さっそくISSO Club Houseのサイトをよく読んでみたら、ほんとに納得のいく内容で、とても興味を持った。

旅行中、一体どこに預けたらいいんだろうと困っていた時だったので、タイミングもすごく良かった。

ただサイトだけではやはり全部は分からないので、アポを入れて、見学させてもらうことにした。

等々力の住宅街にあるISSO Club House。1Fはトリミング、シャンプーエリア+グッズ売り場、2Fはフレンチレストラン、3Fがお預かりスペース。

1Fで色々説明を聞いたり、カルテというか犬たちに関するヒアリングシートを埋めたりして、それから3Fへ。

大きな犬から、ちっこい犬までたくさんいたけど、びっくりしたのが、犬の数に対するアテンダント(※)の数。訪問したその日は、若干頭数が落ち着いている日のようだったけど、それでも保育エリア(?)にいるアテンダントだけで4-5人はいたんじゃないかなぁ。。
※スタッフはここではドッグアテンダントと呼ばれている。

どのアテンダントも各犬の動きや表情、環境をよく見ている。お水用ボウルにちょっとゴミが入ってる、といった細かいことにも、すぐ気づいて新しいお水を入れ替えてくれるとか。

もちろん、どの人もフレンドリーだし、必要があれば我が子を叱るように適切に叱ってくれる。

普段、犬たちが家で過ごしている環境や飼い主の意向にできるだけ近づけるような配慮とかもあって、ほかの犬やスタッフと距離を置きたいワンちゃんには、特別なスペースが与えられて、視界もさえぎるようにして落ち着けるようになっているし、他の犬と遊ばせるのがイヤという飼い主のワンちゃんには、簡易フェンスでスペースを分けて、接触がないようにもしてある。

さらに感動的なのが、犬達専用のファイル!これは連絡ノートのようなものなんだけど、犬たちのお預かり(お泊まり)中の様子を、アテンダントが詳細に記録に残しておいてくれるの。写真付きで。いつお散歩行って、何回排泄したか、というようなことだけじゃなく、どんな風にご飯を食べたか、お友達に対してどのような振る舞いをする傾向があるか、どういうタイミングでどんな反応だったか、とか。

3711713943_1559f4deab.jpg 3712526844_9735bee4d4.jpg

夜も決して無人にならず、アテンダントが犬たちと一緒に寝てくれる。

送迎サービスもしてくれるんだけど、なんとこれがまたすごくて24時間対応なの。例えば、出張で早朝に家を出なくてはならず、どうしても朝6時には犬を預けたいけど前日から預けるのは嫌だ、という状況とか、逆に、20時引き取り予定だったのが残業で、どうしても27時にしか帰宅できないけど朝まで犬に会えないのはイヤ、っていう状況って、決して珍しくないと思うんだけど、そういう飼い主の気持ちにも応えてくれる。27時(3時AM)だろうが28時(4時AM)だろうが送迎OK。

お迎えに来てくれる時も、ケージがいいかリードで歩かせるのがいいか要望を聞いてくれる。犬たちにもたくさん話しかけてくれるし、その日の体調や気になることがあるかどうかも、ちゃんと確認してくれる。

細かく書くと、もっともっと、いいところがたくさんあるんだけど、とにかく、ほんとに犬好きじゃなかったらここまでできないよね、というのがサービスのすべてから伝わってくる。

こういうところを探していたよ・・・、という感じ。

もちろん、これだけ多くの人が関わっていて、四六時中見ててくれるわけなので、料金はけっこう高い。
一般的なペットホテルの1泊料金で比較すると、多分3〜3.5倍ぐらいの価格。でも、値段じゃないのよね。

きっと、次も預けると思うし、旅行中だけじゃなく、RANDYとTAFFYが、ISSOの環境を忘れちゃわないように、時々連れて行こうかなーと思う。


++shop info++
ISSO Club House
URL: http://www.isso.jp/cn33/pg153.html
※調べればすぐ分かってしまうけど、住所や電話番号など積極的には表に出していないようなので、ここでも伏せておきます。サービスレベルを維持するために、あまり拡大を目的としていないようだったので・・・。
posted by チビラーシカ at 18:34| Comment(3) | TrackBack(0) | ++shop** | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
サイト運営し始めた者なんですが、相互リンクしていただきたくて、コメントさせていただきました。
http://hikaku-lin.com/link/register.html
こちらより、相互リンクしていただけると嬉しいです。
まだまだ、未熟なサイトですが、少しずつコンテンツを充実させていきたいと思ってます。
突然、失礼しました。
nO1I7R9Q
Posted by hikaku at 2009年07月12日 20:10
ランちゃん、すぐにわかったよ。君だって!
 うちのかーちゃん、辞めてない気らしいよ。また、復活するんだって。
でも、いい所があってよかったね。ぼくもいってみたいな。 
 なんてね>
Posted by choko&koharu at 2009年09月02日 14:28
おー!!お元気ですかー?
つい先日も、「元気にしてるかなー」と話していたのです!
西郷山公園に行く途中に通りかかると、RANDYもTAFFYも、階段を上って行こうとするので、時々お邪魔しようかと思ったり、迷惑かと思ったり・・・。

復活されるの大歓迎〜!!
やっぱり近いと何かと安心ってこともあるので!

ぜひ、復活したらご連絡くださいー。
Posted by chibirashka at 2009年09月02日 21:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/123356400

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。