2009年02月22日

as know as de wanのカラー&リード

asknowas.jpg
代官山の帰り道、目黒川沿いを歩きながら、かわいいカラーとリードがないもんかと思って、久しぶりにsnobbish babiesに入ってみた。

そしたら、かわいいダップルちゃんとチョコクリームちゃんの2匹のダックスちゃんがお出迎えしてくれた。あれ、前にいた看板犬は違う犬種だったのにな・・。この2匹のダックスちゃんはカニヘンなのかなー。ミニチュアよりちっこいような・・。

早速リードを見ると、ものすごい質の良さそうなレザーのものがあった。「これ、すごいいいですねー!」と店員さんに話しかけたら、「そうそう、それはドッグ界のエルメスって言われるぐらいのやつで・・・」というような話に。だからか〜。。

もう一つ私が気になったのは、メタリックのやつ。ゴールドとブロンズの2種類の色があって、フリンジがついてるのね。メタリックといってもそんなに派手な感じではなくて、RANDYとTAFFYの色にもあいそう。それを手にとって見ていたら、「ララさんってブランドがあって、それがすごい人気あるんだけど、2万円とか4万円とかするのねー。でも、使い勝手がそんなにいいわけじゃなかったりするから、うちの社長がオリジナルで作ろうって言って作ったのが、このリードとカラーなんですよー」だって。へぇ〜。

このリード、金具の付け位置によって、長さが調節できるので何かと便利そう。これまた金具の付け方によって、多頭引きもできるんだとか。多頭引き用リードも持ってるけど、うちはRANDYとTAFFYの力が違いすぎるから、あんまり使わないから、そういう使い方することは少なそうだけど。。

そんなわけで、そのリードとカラーを買うことに。RANDYにはブロンズを、TAFFYにはゴールドを。

春も近いし、新しいリードとカラーでお散歩も楽しくなっちゃうね!

このリードとカラーは、AS ONLINEで購入できるみたい。

3299851554_aeb5575a2d.jpg
RANDY用ブロンズ(Sサイズ)

3299851884_1923485097.jpg
TAFFY用ゴールド(Mサイズ)

しかしそんなことよりビックリしたのが、冒頭に書いたこのお店の看板犬のダップルちゃんが、実は捨て犬だったということ。

元々ダップルばかりを扱うブリーダーさんがいたそうなんだけど、そのブリーダーさんがワンコたちをペットホテルに預けたまま失踪し(ブリーダーを廃業)、しばらくペットホテル側がその子達を預かっていたようだけど、そのうちペットホテルも廃業することになって従業員達はそこを引き払ったらしい。で、解体業者が解体のためにその施設に入り込んだ時に「ワンコがいるぞ!」と、見つかったのだとか。

発見時はまともに歩くこともできず、肘で張って歩くような感じでやせ細り、可哀想な姿だったそう。

そんなことあり得るの!?と驚くばかり。ペットを扱う仕事の人が犬を捨てるなんて!

ちょっと、ドヨヨ〜ンとした気分になりつつ、そのダップルちゃんが助かってほんとに良かったと思った。


++shop info++
snobbish babiesの情報
posted by チビラーシカ at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ++doggie goods** | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/114657839

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。